近視を矯正できる視力矯正方法があり、レーシックとよばれています。治療の鍵を握るのが角膜の調整です。レーシックを行うには、角膜がある程度の厚さがある必要があります。健康な人であれば、誰でも視力改善の治療を受けることができます。角膜に対してマイクロケラトームという専用の器具を用いて、角膜をめくり、その内部にエキシマレーザーと呼ばれる高精度の光線を当てます。レーザーによって角膜が変形をし、再び角膜をかぶせる手術です。人の白目のことを強膜と医療用語で言います。一方で黒目を瞳孔と呼びます。瞳孔の奥にあるのが、カメラでたとえるとレンズの部分になり、瞳孔によって焦点を合わせる役割をになっているのが水晶体です。遠近の見え具合を調整しているのは、目の筋肉で行っています。
近くばかり視線を固定していると、筋肉がかたまってしまい、近視の状態になります。角膜によって瞳孔と虹彩は覆れていますが、角膜に不具合が起きた場合に、目の焦点があ合わなくなります。
近視になっている場合では、筋肉が伸びないので焦点が合いません。
そうした症状に効果的なのが角膜にある中心部分を削って、焦点を変えることで、再び焦点を正常に戻すことが可能になります。屈折曲率が下がり、角膜の中心がうすくなることで近視の状態を改善します。
また、近視がなくなるので視力が回復につながります。一方で角膜の真ん中を薄くして調整をした場合でも老眼が進行すると、ふたたび視力が低下してしまうこともあります。
近視を矯正する方法として角膜の屈折率を変化させているので、老化現象による調節機能の低下は自然なものです。老眼は屈折率を変えても、調節が上手にできないので視力が低下するのは避けられません。
治療の方法にもさまざまな種類があります。手術に使用する機械が異なります。角膜の薄さを違う厚みに変える方法は、屈折率を変化させるので一般的に知られている目の矯正方法と仕組み自体は同じです。
患者自身が基礎的な目の構造を理解し、レーシックの仕組みについても学ぶことが大事です。矯正の内容を把握することで、医師による治療の説明を十分受けられるでしょう。レーシックの手術に関して不安や迷いがある人も、しっかりと仕組みを理解することで、手術をするかどうか判断の基準にできます。目という大事な部分に対しておこなう治療方法ですので、視力矯正に関する仕組みを正しく理解しておくことが重要になります。